2017年11月27日

日本へ一時帰国時の通話とネット接続

日本へ一時帰国した時の通話とネット接続に最適なSIM(ハナセル HanaCell)に、やっと出会えました。以前は、プリペイド携帯を使っていましたが、海外からチャージできなくなり、番号が失効してしまいました。そのため、ネット接続だけのプリペイドSIMを使い、スカイプで通話しようと思っていたら、スマートフォンのスカイプが起動しなくなり、出先での通話に困っていました。最近、公衆電話が少なくなり、携帯電話は必携ですね。

ハナセル HanaCell

年間8USDだけで、しかも、初年度無料(2017年11月現在)で、日本の携帯電話番号を保持できて、通話だけでなく、ネット接続も出来るのが便利です。使わない月は、年間維持費だけなのは、一時帰国時に最適です。次回から、日本の空港に到着した時点で、通話もネット接続も出来るのは、とてもありがたいです。

Tadashi


posted by T&H Therapeutic Healing at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 主夫の生活

2017年11月15日

全託の祈り

今週は、月曜から水曜まで、3日間、単独で厨房を切り盛りしなければなりませんでした。先週までよりも難易度が上がった感じがしました。

昨日、帰宅後、「全託」という言葉が頭に浮かび、インターネットで、シュリ サティヤ サイ オーガニゼーションに掲載されていた「全託の祈り」を見つけました。

昨日と一昨日は、自分でなんとかしようとしていたので、神からの完全な助けが得られなかったのだと分かりました。全託することを待ってくださっていると知り、今日は、最大限、全てをお任せするように心がけました。

結果、今日は、一度に何枚もの注文伝票が殺到することもなく、同じ忙しさでも、対応しやすい状況でした。これからも、自分だけでなんとかしようとは思わず、完全に頼り切れるように努力したいと思いました。それから、いつも神の両腕に抱えられていると思えば、どんな状況でも、不安や恐怖から解放され、不変の平安を手に入れられるのかもしれませんね。

今晩も、感謝してから就寝したいと思います。

Tadashi


以下、全託の祈り(プラシャーンティ ニラヤムのウエスタン キャンティーンのボードの御言葉)より引用

 なぜ心を騒がすのですか? あなたのすべての問題を、私に解決させなさい。それらの問題について考えるのは、この私です。私がひたすら待っているのは、あなたが私に全託することだけです。そうすれば、今後あなたは、どんなことに関してもまったく心配する必要がなくなります。あなたのいっさいの恐れや落胆に別れを告げなさい。

 全託とは、あなたの思いを問題から引き離すことです。困難や悩みから思いを引き離すことです。あらゆることを私の手に委ねて、「主よ、あなたの御心が行われますように」 と言いなさい。それはつまり、「神様、あなたがすべてを御手にお引き取り下さって、私にとって一番よいように解決して下さることを感謝します」と祈ることです。

 結果について考えるのは、全託の反対であることを覚えておきなさい。つまり、何らかの状況があなたの望む結果になっていないと言って心配するのは、あなたに対する私の愛をあなたが信じていない証拠です。

 決して、「これはどうなってしまうのだろうか?…何が起きるのだろうか?」などと考えてはなりません。あなたは私にそれを処理してほしいのですか? イエスですか? ノーですか? イエスであれば、あなたはそれについて心配するのをやめなければなりません! たとえ私が、あなたの期待とは違う道にあなたを導かなければならなかったとしても、「私があなたを両腕に抱えている」のであることを覚えておきなさい。

 あなたを深刻に悩ませるものは、あなたの理性的思考であり、あなたの不安であり、あなたの強迫観念であり、いかなる代償を払ってでも自分のことは自分でしようとするあなたの意志なのです。そんなに悩むことはありません。悩む代わりに、たとえ悲しい状況の中でも、こう祈りなさい。

 「神様、この問題を、この困窮をお与え下さったあなたを讃えます。どうか、この束の間の一生を、御心のままにお計らい下さい。あなたは、私にとって何が最善かを非常によく御存知です」。

 災難が減るどころか増えるばかりだと感じる時もあるでしょう。動揺してはなりません。眼を閉じて、信ずる心で私に言いなさい。「あなたの御心が行われますように。その問題は、どうぞあなたが考えて下さい」。そうすれば、必要なら私が奇跡を起こします。私はいつもあなたを思っていますが、あなたが完全に私に頼り切る時にしか、私はあなたを完全に助けることはできないのです。

− サティヤ サイ ババ
posted by T&H Therapeutic Healing at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年11月13日

希望も恐怖も人生の重荷?

週2日間、単独で厨房を切り盛りするようになって1ヶ月が過ぎ、徐々に手際に慣れてきたところです。通常、月曜日は、あまり忙しいことは少ないのですが、今日は違っていました。コンスタントに料理の注文がありました。翌朝のベーキングの事前準備、ケーキ・ベースを焼き上げたり、料理用の仕込みなど、手が空いた時にこなさなければならないことが多く、休む暇もありませんでした。

注文伝票が数枚、並ぶ時もあり、「アンダープレッシャー」が続き、疲労困憊ぎみでした。心の中で「神様、お助けください!」と叫びながら、焦らないように、1つ1つ、淡々とこなすように心がけました。料理を仕上げている最中、随分と時間が掛かっているように感じますが、伝票に記載の注文時刻から掛かった時間を見ると、10〜20分程度でした。慣れれば、誰にでもできることで、恐れる必要はないと感じました。

そして、以下のメッセージを目にしました。確かに、置かれた状況は、永遠に終わらないわけではなく、注文伝票が営業時間中、何枚も並ぶわけではないのは事実です。また、「自分にはできないかも」と思っていると失敗することもあります。仮に失敗しでも、50年、100年、いや数日で、誰も覚えていないことが多いですしね。

「結果は神にお任せし」は、「神への全託」のことですね。全ての魂の中に、神が宿っているそうですから、怖がる必要はないのですよね。それを信じるか、信じないかで、同じ状況でも、天と地のように違って感じるのでしょうね。同僚やお客さんの中にも神が宿っていると信じれば、その方々のために行ったことは、神への奉仕ですよね。

神に近づくため、内在する神に気づくため、輪廻転生を繰り返しているのだと思えば、目先のことは些細なことなのかもしれませんね。また、腰の痛みも、背中の痛みも、神が、私に何かを気づかせるために与えてくださった体験だと思えば、これも些細なことなのかもしれません。まずは、恐怖を手放せるよう、祈りたいと思います。

Tadashi

聖者の言葉 (Sri Shavari)
問題は、「障害」「苦難」「欠点」「弱点」「失敗」「確率」などといった「状況」よりも、 そこで自分の心に生じる「恐怖」が問題であり、恐ろしいものなのだ。
その恐怖こそが失敗や苦悩の原因であり、
 実は「状況」そのものには、大した意味はない。
これらの「状況」は、我々の恐怖をかき立てる悪魔の罠である。
それは本当は小さく、あまり意味のないものなのに、
 巨大で、どうしようもないもののように自らを見せる。
そのような罠に、はまってはいけない。
  
ところで、私はよく、「希望と恐怖を捨てよう」ということを言うけれど、そうするとたまに、「そうすると無気力になりませんか?」という質問を受けることがある。
その答えとしては――そんなことはない。
希望と恐怖という重荷を捨てたとき、
やっと本当の、自由な、生き生きとした、活力がわき出てくるだろう。
希望と恐怖を捨てたとき、無気力になどは絶対ならない。
なるとしたら、それはどこか間違っている。

希望と恐怖を捨てたとき、いても立ってもいられないほどの気力がわいてくるだろう。
やることが一つに絞られ、それをやらずにはおれない、というシンプルな気力がわいてくるだろう。
希望や恐怖は、それを邪魔しているものなのだ。
  
話を戻すと、まず我々は、恐怖を捨てよう。
恐怖を捨てる作業に入るとき、必然的に、希望も捨てざるを得ないということに気づくだろう。
どうなったっていいじゃないか 笑
すべてはすでに決まっている。
結果は神にお任せし、 
自由に全力で生きるんだ。
posted by T&H Therapeutic Healing at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年11月11日

背中と腰の痛みのわけは?

少し前から背中の痛みが気になるようになりました。そのためか、就寝中に目覚めることも多く、疲労困憊していました。見かねた家内がヒーリングしてくれましたが、その時はとても楽になっても、また痛むことの繰り返しでした。ある時、家内がヒーリング中に「なんだか背中のチャクラが緩むことを拒んでいるみたいだよ。」と言われて、痛みの原因は自分自身だと考えるようになりました。実は、それまでは、忙しさにかまけて、毎日のエネルギーワークが疎かで、他からのネガティブなエネルギーを浄化しきれていないのかと思い込んでいたのですが、違っていたようです。


背中には第4チャクラ(ハートのチャクラ、自分を愛する・許す・認める)があります。以前と比べたら、自分を責めることは少なくなったつもりでしたが、客観的に自分を見つめると、まだまだ、「許せないこと」が、次々と浮かび上がってきたのです。もう自力では限界ですから、神聖な存在へ「どんな自分も許せるよう、どうか助けてください。」と必死に祈り続けました。結果、徐々に、背中の痛みは、嘘のように薄れて行きました。


一方、背中の痛みと連動して、腰の痛みにも悩まされています。腰には第2チャクラ(感情チャクラ)があります。やはり、右側が痛むので、恐れや不安の感情に関連していると考えられます。事実、夜間、1人でいる時、説明のつかない恐怖や不安に襲われていました。今、私はエネルギー的に変化の時期にあり、守りがないと本来の力を発揮できない性格だったことを思い返しました。


今年の1月、ハイヤーセルフのからいただいた、以下のメッセージを思い出し、目には見えないけれども、いつも側にいて守ってくださり、ありのままの私を愛し、助け、導いてくださっているのだから、恐れる必要はないと自分に言い聞かせています。そして、安心して与えられた能力を発揮できるよう、願い続けています。まだ、腰の痛みは続いていますが、辛さは前よりも楽になっています。


10代の頃、背中が痛くなり、医者に診てもらったことがありますが、骨にも何も異常もなく、原因不明と診断されたことを思い出しました。当時も変化の時期にあり、恐怖や不安の感情を抱え込んだままだったからだと思います。


ハイヤーセルフのメッセージ(201713)

私は常に、お前のことを愛し、お前のことを導いています。

いつも私が側にいることを忘れてはなりません。

辛いとき、苦しいときは、私に助けを求めなさい。

私は常に、お前を助け導きます。


Tadashi

posted by T&H Therapeutic Healing at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年11月09日

夫婦とは?

私は、まだ、神聖な存在からのメッセージを聞くことも、感じることもできませんが、いつも、私でも分かりやすい手段で教えていただいています。ただ、自由意志が尊重されるそうで、例え、どんなに辛く、苦しい状況であっても、当人が願い、救いを求めない限り、神聖な存在は、何の手助けもできないという掟があるのだそうです。

人前結婚式の際、「一緒にいる時も、離れている時も、互いを愛し、我々の人生がどのように変わろうとも、互いを尊重し、気遣い、そして、常に誠実である事を約束する」と誓った言葉は、いつも心の支えでした。でも、夫婦の意義は、それだけではないと、以下のメッセージで知りました。

日本を離れて暮らすようになってから、自分たちだけではどうにもならないように思える「困難」の連続でした。そして、1つ1つ、祈り、願い、「神の時」が訪れたとき、クリアできることばかりでしたので、必然的に、神聖な存在を信じて、願うようになった気がします。

豪州で、夫婦の共通の目標として「総合的な癒しの提供」を掲げましたが、当時は「絵に描いた餅」でした。やっと、具体的な方向が見えそうな感じになってきました。これも、神聖な存在を信じ、願い続け、導かれているお陰なのだと確信しています。自分1人だけだったら、ここまでたどり着けなかったというか、日本を離れようとも思わず、不自由で、不平・不満だらけで、勿体ない人生を送っていたことでしょうね。ありがたいことだと感謝しています。

Tadashi

夫婦とは何ですか。
夫が妻を守り、妻が夫を支える、それだけではありません。
夫婦とは、2人が協力して神への奉仕を行うという
神が授けた最高の組み合わせなのです。
どんなに困難に思うことがあっても、2人で一緒に神に祈り、神を思いなさい。
お前たちがそのようにするならば、お前たちは夫婦として、
神の導きを受けることができるのです。
posted by T&H Therapeutic Healing at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年11月08日

仕事の中にも神が存在する?

facebook.comの「サティヤ サイ ババの御言葉」のサイトに和訳された御講話が掲載されています。その中から、自分が必要としているメッセージを得ることが多いので、頻繁に確認するようになりました。

先日は「真の瞑想とは、毎日の生活の中で行うあらゆる種類の仕事の中に...神が存在することを認識することにあります。」という記述に目が留まりました。以前から、「神はすべてに内在する」と聞いていましたが、「仕事を神と見なして、始める前に頭を下げる」という発想は、今までの自分には全く皆無でした。

実は、「所詮、カフェの料理・ベーキングだから。。。」と、心の隅にあったかも知れない気持を見透かされているように感じました。たぶん、「有名なホテルの厨房で経験を積んでから、どこどこホテル出身の調理師か製菓師を売りにして、自分の店を構えたい」という、「我が、我が、我が」が残っているのだと思います。

だから、仕事を選り好みできない年齢に達してから、食の道を始めることになったのだと納得しました。自分が情けなく思わざるを得ない努力・忍耐の状況が続くと、いくら頭では分かったつもりでも、どうしても「もし20で志していれば、今頃は。。。」と思いたくなりますよね。全て神にはお見通しですね。一切の誤魔化しが効かない世界だと痛感します。

早速、昨日の朝、仕事に頭を下げてから始めてみました。いつも、料理の注文、料理の仕込み、ベーキングの仕込みなどに追われ、休憩する暇もない毎日で、心の余裕がありませんでしたが、昨日は「料理やベーキングを楽しもう」と思えるようになりました。ホテルだろうが、カフェだろうが、例え、たった1人のお客さんでも、食べて幸せになっていただけたら、自分も幸せになるという基本を思い出させていただきました。

神が、私のために、特別に今の仕事を準備してくだったもので、その中に神が存在しているのなら、ありがたく感謝して、その仕事が終わりになる日まで、神に全託して、最善を尽くすと決心しました。

Tadashi

(以下、引用)
―1981年5月12日の御講話
蓮華座(パドマーサナ)を組んで座って、クンダリニー シャクティ(生命エネルギー)をムーラーダーラ チャクラ(基底神経叢:脊椎の一番下にあるチャクラ)からサハッスラーラ チャクラ(頭頂部の中心)に上昇させることがディヤーナ(瞑想)なのではありません。真のディヤーナ(瞑想)とは、毎日の生活の中で行うあらゆる種類の仕事の中に...神が存在することを認識することにあります。神はすべてに内在しています。あなたが選んだ一つの場所に神を閉じ込めようとするのは、瞑想ではありません!私たちの文化によれば、まず最初に、自分が為さなければならない仕事に対して頭を下げます。どんな仕事であっても、それを実行する前に、私たちはその仕事を神と見なすべきなのです。それがウパニシャッドが私たちに教えている「タスマィ ナマハ カルマネー(私は自分がしなければならない仕事に敬礼し、その姿の中にある神を崇めます)」なのです。あなた方は、タブらやハーモニウムを演奏する人を見たことがあるでしょう?彼らは演奏を始める前に、楽器に対して頭を下げます。創造物すべてを神の姿と見なすこと、そしてその精神で自分の義務を遂行すること、それが真の瞑想なのです
posted by T&H Therapeutic Healing at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年10月09日

更なる試練?

5年前の10月上旬、サンシャインコースト(豪州)を引き払い、同月の末、ここオークランドへ移りました。30年以上も前、迷った末に選ばなかった料理と製菓を習得するためでした。カフェの厨房でシェフ兼ベーカーと働き始めて、3年が過ぎました。その間、従業員もどんどん変わり、昨年末には経営者も変わりました。

ベーキングに専念できる環境となり喜んでいたのも束の間、先週から週2日間は単独で料理も担当しています。旧経営の際、ベーキングで手が離せない時に限って、オーダーが殺到することが多く、とてもストレスフルだったことを思い出し、心と身体のバランスを崩してしまいました。しかし、呪文のように「自己信頼(自分に内在する神聖な存在を信じて頼ること)、信仰心(自分に内在する神聖な存在を信じて仰ぎ見る心)、無私(神聖な存在のよい道具に徹すること)、寛容無執着全託(全ての判断を神聖な存在に託すこと)」と心の中で唱えながら、最善を尽くせればよしと考えるようにしました。

料理と言っても、カフェ料理ですから、注文に応じて調理するのは卵やパンケーキなどで、他の食材は、再加熱と盛り付けが中心となります。手間の掛かる料理ばかりの注文の時は、焦りそうになりがちですが、手順さえ頭に入っていれば、団体様の注文やいくつかの注文が続けて入らなければ、なんとかなるものです。そして、何よりも大切なのは、食べて下さるお客様が幸せになるためであり、自分が上手く仕上げることはどうでもいいことなのですよね。

また、以下の言葉を読み、「実際の乞食」ではなく「乞食を演じる役者」になろうと思いました。未来は自分の深層心理で決まるそうですから、自分の全細胞に「今はシェフ兼ベーカーの役を演じているだけ」と染みこませようと思います。「劇」の場面が変われば、「違う役」が待っているはずです。そう考えれば、今の役も大切に演じたいと思います。実際、何事も永遠には続きませんでしたから・・・。「我が、我が、我が」という人生は、疲れるだけなので、もう終わりにしようと決心します。50年、100年もしたら、誰も覚えていないことに拘ることは無意味ですからね。

Tadashi

<参考>
聖者の言葉(ヴィヴェーカーナンダ)
「乞食を演じる役者と、街頭をさすらう実際の乞食を比べてごらんなさい。見た目はたぶん、両者とも違いはなく、言葉で表現すればおそらく同一である。それでいて、何という違いだろう! 
一方は乞食の境涯を楽しみ、他方はそこから生まれる不幸に苦しんでいる。この違いはどこにあるのだろうか。一方は自由で、もう一方は縛られている。役者は、乞食の境遇は真実ではなく、劇のために装い演じているのだということを知っている。しかし本当の乞食は、それは自分にとってあまりにもなじみ深い状態であり、望むと望まざるとに関わらず、それに耐えていかなければならないと考える。
 これが法則である。私たちが自らの本性に無智である限り、私たちは物乞いであり、自然の諸々の力に揺さぶられる。そして自然界すべてのとらわれの身となる。」

posted by T&H Therapeutic Healing at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年08月29日

寛容と無執着、全託

これまで、何度も「もう自分だけでは無理」と思えるような状況に追い込まれ、1つ1つ乗り越える度、「自己信頼(自分に内在する神聖な存在を信じて頼ること)」と「信仰心(自分に内在する神聖な存在を信じて仰ぎ見る心)」、そして、「無私(神聖な存在のよい道具に徹すること)」の重要性が骨身にしみています。まだまだ、実行できないことも少なくない状況で、更なる課題が課せられました。それは、「寛容」と「無執着」、「全託」です。

三省堂国語辞典によると、「寛容」とは「心が広くて、人を分けへだてしないこと。人のあやまちをとがめず、許すこと。」、また、「執着」とは「強く心がひかれて、はなれられないこと。」とあります。「全託」とは、「全ての判断を神聖な存在に託すこと」です。当然、自力では乗り越えられないので、神聖な存在に祈り、助けていただくことは不可欠です。

最近では、仕事中に心の平安を保つことができていました。ところが、先週末、久しぶりに憤ることがありました。すぐに「ああ、神聖な存在から試されている」と思い、感情を抑え、乗り越えられるよう、神聖な存在へ祈り続けました。仕事が終わった後も、しばらくその嫌なエネルギーが残っていましたが、高江洲薫先生から教わった自分のエネルギーを浄化するワークを行い、徐々に薄れています。

寛容になれば、小さなことでいちいち憤ることもなくなります。また、無執着になれば、いつまでも憤りが心から離れないこともなくなり、全託を実行できれば、全ての判断を神聖な存在にお任せするのですから、責任さえも神聖な存在に任せられます。

全ての状況は、自分の発したエネルギーの反響・反映だそうです。まさしく、マーヤ(幻)、雲のように、いつかは消えてなくなり、永遠に続くものではないのですね。眠たくて早朝に起床するのが辛い時でも、「この状況も終わりに近づいている」と思うと、1日、1日、大切にしなければと考えられます。一緒に働く同僚のことも同様ですね。一緒に働けるのは今だけだと思うと、少しは寛容になれるような気がします。神聖な存在の愛(無条件の愛)を学ぶために、人生があるのかもしれませんね。

Tadashi
posted by T&H Therapeutic Healing at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年08月20日

カフェのケーキ

今週も無事に勤務が終了しました。月曜日と火曜日は仕事が休みなので、遅寝が楽しめます。去年まで冬期は暇でしたが、昨年の11月に経営者が変わってから、忙しいことが多くなりました。去年は週休1日だったので、週休2日がありがたく感じます。

今までは、週1から2回、ケーキを仕上げていましたが、今週は売れ行きが良く、キャロットケーキは3回、レモンヨーグルトケーキは2回も作ったので忙しかったです。しかし、経営が変わる前の平日は、1人で料理の注文に対応しながら、菓子やケーキを仕上げたり、鍋や皿を洗わなければならなかったので、今の職場環境(他にシェフ1人、キッチンハンド1人)は、とてもありがたく感じます。

こちらでは、ベーキングスキルのあるシェフが求められているそうなので、シェフ兼ベーカーとして働ける今の仕事は、両方の経験を積めて一挙両得です。将来的には、癒しの1つとして食を提供することを考えているので、今の機会を大事にしたいと思います。

写真:レモンヨーグルトケーキ(最近に作り始め、試行錯誤の末、以下の仕上がりに落ち着きました)
20170804.jpg











写真:キャロットケーキ(1年前の写真です)
20160706.jpg










Tadashi
posted by T&H Therapeutic Healing at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年08月15日

大自然に囲まれたオークランド

オークランドは、少し中心部から外れると、ニュージーランドの最大都市にいることを忘れてしまうほど、大自然に囲まれています。また、高台からは遠くに港や山並みが見え、うっそうとした木々の緑に覆われた大きな公園も身近にあり、潤いのある都会生活が楽しめます。日本と比べると冬の厳しい寒さや夏の蒸し暑さとは無縁のだめ、過ごしやすい気候なのもありがたいですね。
Tadashi

ランギトト(波止場からフェリーで約30分の無人島)
Rangitoto-01.jpg









 


ロング・ベイ(中心部から車で約30分)
20170522.jpg









ピハのライオンロック(中心部から車で約30分)
Waitakere-201209.jpg












 
マングローブに囲まれたホブソン湾
20170626.jpg

 






posted by T&H Therapeutic Healing at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年08月07日

もうすぐプロ修業3年

20170806.jpgここオークランドにあるカフェの厨房で働き始めて3年が過ぎようとしています。早いもので、こちらでの生活は、20代の頃の長期滞在を除けは、オーストラリアより長くなりました。現在、勤務中のカフェは、料理学校の卒業が1ヶ月後に迫り、なかなか職探しがままならない中、飛び込みで訪れたのが最初でした。オーナー(前のオーナー)と会うことができ、面接・実技試験(ポーチド・エッグ)の後、その日の夜にトライアル(試雇)がありました。こちらでの勤務経験がなかったため、調理と製菓の資格を持ちながらも、週末だけの皿洗いからの始まりでした。


20170406-2.jpg1ヶ月後、前任ベーカーが突然に辞め、毎日休みなく、ベーカーとして早朝から週20時間働く日々が続きました。何の引き継ぎもなく、文字だけのレシピだけを頼りに、試行錯誤の繰り返しでした。丁度、家内がニュージーランドの永住権を申請する頃には、シェフ兼ベーカーとして週30時間、働くようになっていました。料理の注文に応えながら、ベーキングをしなければならない状況で、途中で手が離せないベーキングの作業中に限って、料理の注文が続く事もあり、いつもハラハラ、ドキドキでした。


永住権の申請から1年以上経ってから、ようやく在住権が取得でき、週40時間以上働ける職場を探しましたが、なかなか、見つかりませんでした。結局、昨年11月、オーナーが変わり、週40時間以上働けるようになり、以前よりもベーキングに専念できる環境になりました。今では、自分にとって最も理想的な職場となっています。今から振り返れば、全ては「自己信頼・信仰心・無私」を試されるために用意されていて、また、良くも悪くも、自分の深層心理が思った通りになっているとも感じます。


最近では、オーブンから出たばかりの熱々のスコーンやマフィンを目当てに来店されるお客さんや、マフィンを6個まとめて買って帰られるお客さんもいらっしゃり、とてもありがたく感じます。それから、ケーキや菓子類(スライス・クッキー)の売れ行きも良くなり、休み明けの勤務日には、ケーキや菓子類の作業に追われる日々が続いています。


今世の自分にとっての「大成功」とは、今世を終えた時、「日本人男性として生まれて良かった、魂が望んだことは最期まで諦めずに続けられた、満足した人生だった」と思えることだと感じています。10年前の自分と比べると、着実に進んでいると思います。これも、目に見えない存在に導かれているお陰だと思います。


※写真上:ミックスベリーとクリームチーズのマフィン(削りココナッツと裂片アーモンドのせ)
※写真下:イギリス風スコーン(チーズ、デーツ)

Tadashi

posted by T&H Therapeutic Healing at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年07月26日

オーストラリア版「マスター・シェフ」

20094月、オーストラリアで私が暮らし始めた頃、あるテレビ番組が始まりました。それは、料理愛好家の素人が競う料理ショー番組のオーストラリア版「マスター・シェフ」です。他の国版も見たことがありますが、オーストラリア版は、とてもほのぼのとしていて、お気に入りです。ここニュージーランドでも、少し遅れて放映されます。数年前、プロシェフ版の時があり、料理学校の教材として、授業中に見たこともありました。


今から振り返れば、オーストラリアでこの番組を見ながら、自分の深層意識に残っていた「自分がやりたいこと」が目覚め始めたような気がします。ただ、表面意識では「時間に追われ、こんなストレスな仕事は、自分には向いていない」と思い込んでいたのですが・・・。特に、2012年、50歳を目前として新しいキャリアを始めようと考えていた頃、強力に背中を押され、前進する勇気を与えられました。


20120708日:Impossible is nothing(不可能はない)

http://therapeutic-healing.sblo.jp/article/56936823.html


20120713日:テレビ番組「MaterChef Australia 2012」で心に残ったオーストラリア人シェフの言葉

http://therapeutic-healing.sblo.jp/article/57032783.html


Tadashi
posted by T&H Therapeutic Healing at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年07月25日

癒しの聖地「バイロン・ベイ」

20170705-1.jpg先日、オーストラリア最東端のバイロン・ベイへ行って来ました。実は、我々夫婦がつきあうきっかけとなった場所で、結婚10周年を記念として、是非とも訪れたかったのでした。神聖な存在の粋な計らいか、偶然か、11年前と全く同じ部屋で、思わず「ただいま」と発していました。当時の私は、長年勤20170706.jpgめた会社を辞め、非常勤スクーバダイビングインストラクターとして活動していましたが、自分が遠距離恋愛・結婚、主夫の末、ニュージーランドでシェフ・ベーカーとして働くようになるとは、知る術もありませんでした。


20170705-3.jpg当時、岬からクジラ達が潮を噴き上げ、イルカ達が波乗りを楽しんでいる光景に遭遇しました。感激のあまり、涙があふれてきましたが、次第に不思議な悲しい涙に変わっていました。それは、過去世での感情のフラッシュバックだったと、後日、高江洲薫先生から知らされました。我々夫婦のエピソー20170707.jpgドは、「過去世リーディング(著者:高江洲薫/出版社:ヴォイス)」の100頁で紹介されていますが、ここから望む遠い海は、家内と私が4世代前の過去世で暮らしていたポリネシアの海でした。その感情とは、過去世の弟(私)は兄(家内)を助けられなかった悲しみだったのです。


バイロン・ベイは、原住民の方々にとっては、癒しの聖地としてミーティング・プレイスにしていたそうです。この地で、私の過去世の感情が癒されたのも納得できます。実は、20代の頃、オーストラリアを一周した経験がありましたが、バイロン・ベイもサンシャインコーストも完全に素通りしていました。全てに於いて、「時」があるものだと実感しています。


 
Tadashi
posted by T&H Therapeutic Healing at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年05月09日

病気や怪我は体からのメッセージ?

今から2年半ぐらい前から、右の中指と薬指が痒くなり始めました。丁度、ブリオッシュ(バターたっぷりのフランスの菓子パン)を手ごねで作り始めた頃だったので、バターか小麦粉にかぶれたのかと思っていました。市販の軟膏を使っても悪化する一方で、次第に指の関節も腫れるようになり、リュウマチにでも患ってしまったのかと心配になっていました。調理師にとっても、製菓師にとっても、手は大切な「商売道具」ですから、いよいよ医者に診てもらうしかないと考え始めていました。


実は、今から半年ほど前に「皮膚炎は自分への怒りが原因である」と聞かされました。6年も前のブログで「まずは自分に優しくから始めましょう」で書いたように、「自分を愛し、許し、認める」を実行しているつもりでしたから、最初は、自分に対する怒りがあるとは信じられませんでした。しかし、何に対する怒りなのか、第三者的に自分を見つめ始めると、徐々に皮膚炎が改善し始めたのです。今では、信じられない程に治りました。少しでも湿疹が出始めた時は、「自分に対する怒り」が出ている証拠なので、気を付けるようにしています。身体が分かり易く教えてくださることはありがたいと感じます。


以前、高江洲薫先生からエネルギー(氣)を学んだ際、「ネガティブな感情(不安やさみしさ、悲しみ)は不満として凝り固まり、最後は怒りとなって爆発する」と教わりました。怒りとなる前に、どんな感情も認め、溜め込まないように手放したいものですね。そのためにも、高江洲薫先生から教わったエネルギーワークは、朝晩、欠かせないものですが、自分には自分の感情を無意識に抑えてしまう傾向があることを忘れないようにしたいと思います。また、「自分の感情を抑えていると、心ない言葉を発し、心ない行動になる」そうですので、これにも注意したいです。


食品衛生管理では、毎日、シャワーを浴びて、頻繁に手洗いするように義務づけられています。高江洲薫先生によると、全てのものには、作った人や触れた人のエネルギーがこもるそうです。喜びがこもった食べ物を作りたいので、まずは、自分自身が喜びのエネルギーで満たされるよう、絶対に「不平や不満、怒り」のエネルギーが混入しないよう、物理的な食品衛生管理だけでなく、自分のエネルギー管理にも注意したいと思います。そのためにも、高江洲薫先生から教わったエネルギーワークは欠かせません。


Tadashi

posted by T&H Therapeutic Healing at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年05月06日

感情は抑えてはいけない?

カフェのオーナーが変わりって5ヶ月経ち、やっと慣れてきたところです。最近、時間の経過が早く感じ、1日、1週間、1ヶ月が、瞬く間に過ぎています。

私が担当するベーキング(スコーンやマフィン、ケーキ、スライス類)は、以前と同様ですが、オーブンが新しくなり、食材の品質も変わり、仕上がりが別物みたいです。また、店の雰囲気が一変し、お客さんで賑わうことが多く、早い時間帯にスコーンやマフィンが売れてしまうことが増え、なかなか、前日の売れ残りを食べることができません。嬉しい反面、ちょっと残念のような・・・。


ここ数ヶ月間、家内が日本へ戻っていて、単身生活に逆戻りでした。夜、独りになると、過去で辛かった時の感情がフラッシュバックし、号泣してしまうことがあります(傍からみたら、精神的に病んでいる人かも・・・。でも、かつて、高江洲薫先生のお陰で、自分の過去世を知り、毎晩のように号泣しながら、感情を癒した経験があるので、今回も癒しの涙だと感じていました。)。今回、気付かされたことは、「自己信頼、信仰心、無私」だけでは長続きしない、「自愛」も欠かせないということです。


高江洲薫先生は、「自分に与えられた能力・才能を開花させるためには、徹底的な愛情のエネルギーが必要だ」とおっしゃいます。毎晩のように、独りで号泣しながら、抑えていた感情を出し続けました。切なかったり、絶望感だったり、自己嫌悪感だったり、・・・。徐々に、全ては今の自分となるために必要な体験だった、置かれた状況で精一杯に生きてきたありのままの自分を受け入れようと思うようになりました。


随分前に「ハイヤーセルフからのとても分かりやすいメッセージ」で書きましたが、オーストラリアで暮らしていた頃、大きな漢字で「愛」という文字が前面にプリントされたトレーナーを着ているおじさんを見かけたことがありました。しかも、その文字の色は、愛情を意味する色のピンクでした。実は、当時、ハイヤーセルフに尋ねたいことがあり、いつも就寝前に心の中でお願いしていました(ハイヤーセルフは、様々なメッセージを伝えるため、時には象徴的な文字や形で示す事もあるそうです)。7年近く経った今、「自愛」の重要性が骨身に染みています。分かったつもりと、現実生活で実行するは、別ものですね。


ありのままの自分を受け入れることは、容易ではありませんが、それを避けて「自愛」は不可能ですし、折角、今世の自分に与えられた能力・才能を発揮しなかったら、今世の負のカルマとなってしまいますから、これからも、「焦らず・慌てず・諦めない」で、1つ1つ、クリアして行きたいと思います。


※以下の写真は、勤務先のカフェで作っている菓子類です。


アーモンド・ビスケット (グルテン・フリー)         

20170504.jpg











 

ジンジャー・クランチ、チョコレート・ブラウニー、キャラメル・スライス

20170120.jpg











Tadashi
posted by T&H Therapeutic Healing at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年04月18日

9年前の今日

9年前の今日は、海外居住のため日本を離れた日でした。前にも書きましたが、オーストラリアで看護師資格の取得を目指していた家内と、遠距離恋愛、遠距離結婚を経て、ようやく一緒に暮らすことへの喜び、そして、新しい生活に対する不安、年老いた両親を見捨てるような自責の念など、複雑な心境でした。一方、諦めかけていた海外生活の夢が叶った瞬間でもありましたが、その後に待ち受けている様々な体験は、つゆ知らずでした。


4年半後には、再び、遠距離結婚となり、ニュージーランドで料理・製菓を学び、6年半後には、現地のカフェでシェフ兼ベーカーとして働き始め、そして、8年後には、ニュージーランドの在住権を取得し、再び、この地で家内と暮らし始めることになるのでした。今、振り返ると、オーストラリアでの4年半は、私がやりたかったことに気付くために用意されていたと感じます。


また、この9年間は、自分にとって本当に幸せな人生とは何か、本当の自己信頼・信仰心・無私とは何かに、気付くためにあったと思います。私にとって、「自己信頼」とは「自分に内在する神聖な存在(宗教で言う「神」)を信じて頼ること」で、「信仰心」とは「自分に内在する神聖な存在を信じて仰ぎ見る心」、そして、「無私」とは「神聖な存在のよい道具に徹すること」です。事実、日本を離れるまでは、この3つとは無縁でも、何とかなっていましたので、私の場合、ここまで追い込まれなければ、気付かなかったのかもしれません。


この3つの中で、「無私」は難易度が高いと痛感しています。仕事に慣れてくると、つい「自分だったら、もっと上手に仕上げるのに・・・」と、自我が強くなりがちです。しかし、ありがたいことに、そのような時は、大抵が手痛く失敗することが多く、一方、「無私」を心掛けている時は、仮に失敗しそうな場合でも、その前に気付かせてくださり、上手く仕上がること多いのです。神聖な存在が自分に内在しているのですから、自分の心の中は全てお見通し、誤魔化しがきかないものなのですね。しかし、人間である限り完璧はあり得ないそうですから、置かれた状況で最善を尽くせたら、よしとすることにしています。


数ヶ月前、誠実さは、私に与えられた大切な才能だと知らされました(実は、損な性格だと思い込んでいたのですが・・・)。そして、周りの方々に、いつも誠実に接すれば、多くの方々に愛をもたらすことができるようになるのだそうです。そして、私自身もその愛に包まれ、満たされることを忘れてはならないという内容でした。


誠実な行動により、周りに愛がもたらされるという、とてもシンプルなことに目から鱗が落ちる思いでした。その「愛」とは、神聖な存在から私に注がれた「真の愛」で、それが周りにあふれ、自分も周りも喜び満たされる原理なのですね。また、全ての生命には、神聖な存在が内在しているからこそ、誠実に接する必要がありますね。食材にも、神聖な存在が内在しているからこそ、大事に感謝していただく気持も必要なのだと思います。どのような状況でも、一喜一憂せず、常に誠実さを忘れないよう、最善を尽くしたいと思います。

posted by T&H Therapeutic Healing at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年03月12日

プロ修業、只今2年6ヶ月経過

ここオークランドにあるカフェの厨房で働き始めて2年半が過ぎました。こちらに来てからは4年半ですが、状況は大きく変わりました。振り返れば、「自己信頼・信仰心・無私」を試される日々であったような気がします。また、全てが、良くも悪くも、自分の深層心理が思った通りになっていることを実感します。


結婚して10年目にして、やっと自前の家具を購入し、家内に家事を任せて仕事に専念する(実は、仕事が忙しくなり、家事を行う余力がなくなる頃、こちらで家内と一緒に暮らすようになったのですが・・・)ようになりました。これも、高江洲薫先生の教えである「焦らない・慌てない・諦めない」を実践し続けたお陰です。


豪州で暮らしていた頃は、「永住権を得なければ何も始まらない」と思い込んでいました。しかし、こちらに移住し、「食のプロ修行が続けられれば、場所には拘らない」と決心してから、こちらの調理師・製菓師の資格を取得し、こちらで働き始めました。それを続ける「手段」として、昨年の4月に、家内と協力のもと、お互いに最も望ましい形で在住権を取得すことができました。


最近になって、「自己信頼」と「信仰心」、「無私」は、同じことを意味していると気づきました。「自己信頼」は、自分の中に神聖な存在(宗教で言う「神」)が内在していると信じること。「信仰心」は、自分に内在する神聖な存在を仰ぎ信じること。「無私」は、「我々」という意識を捨てて「神聖な存在の道具」となることを決心すること(完璧ではないから、いまだに人間をやっている)。この3つが、最大限にできていた時だけ、自分に与えられた能力・才能を発揮しやすくなると気づきました。


今世の自分にとっての「大成功」とは、今世を終えた時、「日本人男性として生まれて良かった、魂が望んだことは最期まで諦めずに続けられた、満足した人生だった」と思えることだと感じています。10年前の自分と比べると、着実に進んでいると思います。これも、目に見えない存在に導かれているお陰だと思います。


Tadashi
posted by T&H Therapeutic Healing at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年01月30日

それぞれの夢の実現に向けて

家内が彼女のブログで、「夢の実現」について書いています。

http://ameblo.jp/alchemist-newzealand/entry-12242720367.html


これまでの自分の人生を振り返って、自分の夢(自分と周りが幸せになり、神聖な存在も喜ぶこと)は、1つ1つ、実現していると感じます。しかし、ただ単に、「こうだったらいいな(でも、自分には無理かも)」と思っていると、表面的に努力しても、なかなか実現しない状況になりがちでした。人生の最期を決め、「全ての経験はそのために必要なことで、永遠には続かない」ととらえると、疲れて眠い朝であっても、気力が漲る気がします。


Tadashi

posted by T&H Therapeutic Healing at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年01月12日

オーストラリア看護師留学体験記


家内が彼女のブログで、オーストラリア看護師留学体験記をアップしています。

[オーストラリア看護師留学体験記 前半]

http://ameblo.jp/alchemist-newzealand/entry-12236758932.html

[オーストラリア看護師留学体験記 後半]

http://ameblo.jp/alchemist-newzealand/entry-12237029261.html


彼女からすれば、私は彼女の「サポート役」でしたが、私にとっては、自分の魂が望む道の「導き役」でした。オーストラリアでの生活がなかったら、単身でニュージーランドへ渡り、50歳を目前に、1から食の道を目指する度胸はなかったと断言できます。以前にも書きましたが、海外生活も、留学も、食の道も、1度は断念した経緯があります。今世の我々夫婦にとっては、共に助け合い支え合いながら、互いの魂が望むことを1つ1つ実現することが必要な体験なのだと感じています。


Tadashi
posted by T&H Therapeutic Healing at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし

2017年01月08日

最近の状況

この数ヶ月間、いろいろな変化がありました。勤務先のカフェのオーナが変わって、労働環境が激変したのです。以前と比べると、ベーキングに専念しやすくなりました。同時に、経験豊富な料理長からの助言を得られ、食材の質が向上したため、ベーキングの仕上がりが見違える程、向上して驚いています。


実は、昨年8月頃から転職活動を始め、10件以上も応募しましたが何の返答がなく、「いくら経験を重ねても、ビギナーのおじさんは相手にされないのかも・・・」と思い始めていました。この2年間、最低賃金で週30時間程度のまま、ひたすら、努力・忍耐の日々でしたが、今では週40時間以上(クリスマス休暇前は、2週間、早朝から9時間以上、無休でした)、時給も上がりました。


全て、自分が望んでいたように変わっているので、今更ながら、自分の未来は自分の意識が作っていると実感しています。これも、「自己信頼、信仰心、無私」を心掛け、自分に与えられた能力・才能を発揮しやすくなるよう、最善を尽くした結果だと思います。実は、昨年9月頃、私が信仰する存在から、「正しいのは、一つの勤め先に三〜四年間は留まることです。そうすれば、あなたの仕事はおのずと評価されるでしょう。」というメッセージをいただいていたのでした。あと1〜2年、ここで努力・忍耐を続ければ、自分の仕事が評価されるのだと信じて、最善を尽くします。


Tadashi
posted by T&H Therapeutic Healing at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒やし